«

»

3月
29

京都御苑 近衛邸跡の糸桜について

06_4_3konoetei1_13661.jpg
近衛邸の糸桜は、津軽藩へ株が移植され、のち交配を重ね、仙台に移ったといわれております。近衛邸の糸桜は、一重で白い花弁ですが、東北を枝垂れ桜 が変遷していくうちに、八重紅枝垂れと変わっていったように、聞いております。明治28年、平安神宮創建のとき、仙台市長から、桜が寄贈され、その桜が有 名な、平安神宮の枝垂れ桜です。もとは、京都御苑にあった枝垂れが、色も形もかえて、ふるさと京都にかえってきたという、非常に奇跡的な桜です。また、な おかつ、京都で最も愛されている桜の一つです。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>