«

»

4月
20

観光タクシードライバーの小噺 蕎麦(そば)1

◆ソバの栽培
ソバの原産地はアジア北中部で、日本には8世紀ごろ朝鮮をへて渡来したものと思われる。ソバは生育期間が短く、春秋2回の収穫も可能であり、しかも寒冷なやせ地でもよく育つので、奈良時代から救荒作物として栽培された。日本での最初の栽培地は、滋賀県伊吹山麓ではないかと言われている。
◆ソバの最初の食べ方
ソバは当初、果皮だけを除いたものを粒のまま米、麦に混ぜたソバ飯として食べていた。そのソバ飯は江戸時代まであったことが知られている。やがて、ひきうすの普及に伴って、粉末にしたソバ粉を水で練って蒸す「ソバだんご」や、熱湯で練る「ソバがき」を食べるようになった。
◆白いソバ、黒いソバ
ソバの果皮と実は、普通の方法では他の穀類のように精白して粒食にすることはできない。ソバ粉を作るには、製粉機で粗挽きし、ふるいで外皮の大部分を除去すると白色となり(一番粉)、荒いふるいで分けると外皮が混入して黒色となるが、風味はかえってよいとされる(二番粉)。
《更科そば》 一番粉を使用、なめらかな舌ざわりと白さもつが香気に乏しい
そば》 二番粉を使用、色は黒いが栄養があり、香気も強い

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>