«

»

6月
21

団扇について

団扇について

【京うちわについて】

うちわは、中国の周の時代(紀元前三世紀)には、すでに存在していたと言われています。日本へ伝わったのは、六~七世紀頃で、高松塚古墳の女子群像に描かれています。涼をとるだけではなく、祭礼や貴人女性が顔を隠すために用いられたと言われています。

魔除けの意味もあって、儀礼用、装飾用として発展したといわれており、魔除けの意味で「魔を打ち払う」から、「うちわ」といいます。

うちわが日本に伝来した頃には神事に、平安時代には中国同様、貴人が顔を隠すために使用されたといいます。また、戦国時代には、武将の軍配や家臣への褒美として、うちわの用途が移り変わったといいます。

江戸時代には、京うちわの特徴である「挿し柄」技法を用いた「御所うちわ」が登場しました。時を経て、今日もなお創作され続ける京うちわは、地方には見られない繊細優美な姿を伝えています。

【丸亀うちわ】

香川県丸亀市は、各地の企業や店、寺社の注文に応じ、年間一億本を生産。全国に占めるシェアは九割。生産量は三大産地と称される千葉、京都に比べても圧倒的に多い。江戸初期に藩士の内職として始まり、藩の殖産興業策で定着した丸亀のうちわ作り。その後、全国から金毘羅宮に海の安全を祈る『こんぴら参り』の土産物として「丸金印」の赤いうちわが人気を獲得。明治以降、生産器具が改良され、産業化された。

 

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>