«

»

8月
07

観光タクシードライバーの小噺 狛犬について

八坂神社の狛犬

  • 狛犬とは守護と装飾のため神社仏閣の参道におかれた獣形の像。口を開いたものを獅子(角がない)、角があるのを狛犬というが、両者は混同して狛犬(こまいぬ)と呼ばれている。阿(向かって右)・吽(向かって左)像になっていると思われがちだがあまり関係がない。そもそも狛犬は神殿や建物内にいたもので、神社の参道などにおかれるようになったのは、江戸中期からと思われる。
  • 史上では日光東照宮の参道に狛犬を奉納する許可をしたというのがみえる程度である。京都市で最も古い狛犬は安井金毘羅宮のもので、1767年の奉納。次に北野天満宮の1810年であり、今出川通に面した狛犬は京都府最大で昭和9年奉納の青銅製である。ちなみに、北野天満宮の狛犬の中には男性のシンボルが彫ってあるのもある。
  • 八坂神社の狛犬は、府内で一番怖い顔をしている。
  • 清水寺の山門前の狛犬は、阿と阿で、阿吽ではない。東大寺の仁王門の北側にある狛犬と同じ。
  • 資料「京都狛犬巡り」小寺慶昭著より

京都観光タクシーのご案内/京都観光タクシー同友会

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>