«

»

10月
24

西本願寺のイチョウ2008年10月24日


西本願寺のイチョウ

【水吹きのイチョウ】
水吹きの銀杏(逆さ銀杏)といいます。市の天然記念物に指定されていると思います。樹齢300余年。苗木の時に逆さに植えられたから、横に広がる状態になったと伝えます。天明の大火の時、高温にさらされて一気に水を噴き出し、お堂の焼失を免れたといいます。一般的に寺の回りに銀杏の木が多いのは、銀杏の葉は燃えにくく、耐寒耐暑性があり、防風・防火林として用いられてきたことによるといわれています。明治の再建である東本願寺の中央分離帯に銀杏が木が多いのは、二度と火災にあわないようにと、信者の方々の祈りが聞こえてきます。
京都観光タクシーのご案内/京都観光タクシー同友会

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>