Monthly Archive: 4月 2008

4月
24

蕎麦(そば)について

【蕎麦(そば)】について ◆ソバの栽培 ソバの原産地はアジア北中部で、日本には8世紀ごろ朝鮮をへて渡来したものと思われる。ソバは生育期間が短く、春秋2回の収穫も可能であり、しかも寒冷なやせ地でもよく育つので、奈良時代から …

続きを読む »

4月
18

e??ei??i??a??i??18?i???12?i??i??ai??i???i???ai??Sai??i??ai???i?i??

e??ei??i??a??(e??aZ?a??)a??ai???a?i??a?i??ai??i??ai???ei???a?i??a??ai??i??a?i??a?i??a?Zai??i??a?i??a?i??a?i??a …

続きを読む »

4月
18

京菓子・八ッ橋について!

08-4-23izutsu_1366
京菓子・八ッ橋について! ◆京銘菓「八ツ橋」 八ツ橋は箏曲「六段の調べ」で知られる琴の開祖・八橋※検校の名にちなむという説が一般的。約300年前元禄2年、黒谷に葬られた検校の遺徳を偲び、参道の聖護院の森で琴に似た干菓子を …

続きを読む »

4月
17

【日本酒】について

07-10-7gekkeikan_800 (2)
【日本酒】について ◆日本酒の始まり 古代エジプトや中国における酒の歴史から比べると大変に新しく、日本では『日本書紀』にやまたの大蛇を退治するくだりで酒がはじめて登場する。日本の酒は、はじめから麹を使って造られてものでは …

続きを読む »

4月
13

一口(いもあらい)について

【一口(いもあらい)】 難しい京都の地名の代表格。三方が沼(巨椋池)で、一方しか入口がなかったため「一口」というが、なぜ「いもあらい」と読むのかよくわからない。宇治や京都への水上交通の入口であったため、都への疫病・穢瘡( …

続きを読む »

4月
11

【お茶・宇治茶】について

【お茶・宇治茶】について ◆宇治茶は800年の歴史 今から約800年前、鎌倉時代の初期、臨済宗の開祖・栄西は中国からお茶の実を持ち帰りました。そのお茶の実を栂尾とがのお高山寺の明恵みょうえ上人がもらい受け、宇治の地にまい …

続きを読む »

4月
04

a?i??e??a?i????i??ai??i??ei???ei???a??a?i??a??ai???a?i??a??(a?i??ai??i??a?i??ai??i??a?i??)

Ai??Ai?? ai??i??a?i??a??(a?i??ai??i??a?i??ai??i??a?i??) ei???a?i??a?i??a?i??e??a?i??a?i??a??a?i??ai???e???i??? …

続きを読む »

4月
03

竹と竹の子について

【竹と竹の子】 ◆竹林と竹薮は違う 竹林とは老齢な竹を伐ってしまい、肥料を施し管理している竹の林をいい、竹薮は放任のものをいいます。竹林は竹の子の畑です。 ◆竹とササの区別 一般的にササは竹の葉のついた枝を指します。植物 …

続きを読む »

4月
01

桜といえばソメイヨシノ。しかし、歴史はたったの150年

ソメイヨシノは東京の染井村で作られた、ただ一本の変種。ヨシノという名前はついているが、桜の吉野とは何の関係もない。たった一本の木から、日本中にひろまり、日本の桜の標準木となった。歴史は150年。京都には、もっと長い歴史の …

続きを読む »