Monthly Archive: 4月 2008

4月
30

観光タクシードライバーの小噺  焼きもの6

◆伏見人形 伏見人形は17世紀後半、伏見で始めて作られた型作りの土人形である。伏見稲荷の参道や伏見街道で、祈願成就を願って売られ、土産物として日本全国に運ばれ、各地に生産技法が伝わった。各地には土の雛人形があるが、伏見で …

続きを読む »

4月
29

観光タクシードライバーの小噺  焼きもの5

◆焼きものにいい土! 名工、尾形乾山は「およそ、地上の土で焼ものにならざるもの無し」といったが、純粋に一種類の土で使えるものなど、そう簡単には探せない。その昔、陶工たちは山野をくまなく歩き、土の匂いをかいだり、なめてみた …

続きを読む »

4月
28

観光タクシードライバーの小噺  焼きもの4

◆茶の湯が京焼を作った! 茶の湯の流行を背景に京焼は誕生した。茶の湯の多様な嗜好は、陶工にさまざまなやきものを作らせた。そこには、茶の湯者の嗜好に応じる技と、豊かな感性が必要であり、京焼はすぐれた陶工と陶芸作品を生み出し …

続きを読む »

4月
27

観光タクシードライバーの小噺  焼きもの3

◆釉薬の発明はガラスに! 陶磁器の表面を覆うガラス質部分を釉薬、釉、ウワグスリという。釉は陶磁器の表面を美しく滑らかに強くし、吸水性を減らす。釉薬の発明は西アジアと中国。西アジアは最初にソーダガラスが誕生し、それを陶磁器 …

続きを読む »

4月
26

観光タクシードライバーの小噺  焼きもの2

◆磁器・有田焼の誕生! 磁器の生みの親と言えば、朝鮮出兵のおり鍋島藩に連れて来られた朝鮮の陶工、李参平。初め唐津焼を作っていた参平は、1616年に有田で陶石を発見、白磁染め付けの焼成に初めて成功し、有田焼が誕生し、有田一 …

続きを読む »

4月
25

観光タクシードライバーの小噺  焼きもの1

◆日本の焼きもの 我々の祖先は世界に先駆けて、今から12,000年前に、貝や縄目などで文様を付けた縄文式土器を発明。後、弥生式土器となる。窯はまだなく、野焼きで作られた土器は、焼きが甘く水漏れするが、煮炊きには使われた。 …

続きを読む »

4月
24

観光タクシードライバーの小噺 蕎麦(そば)5

★京都観光タクシーのご案内/京都観光タクシー同友会 ◆にしんそば にしんそばは南座の隣の《松葉》が発案。《松葉》の創業は江戸の末期で南座の客を相手に芝居茶屋を開業したのがはじまり。鮮魚に乏しい京都で魚類の干物の料理として …

続きを読む »

4月
23

観光タクシードライバーの小噺 蕎麦(そば)4

◆年越しそば そばは伸びる。延命長寿や身代が伸びる。また、そばは切れやすいため、旧年の苦労、災厄、一年中の借金を打ち切る。庶民の切実な願いを、そばに託したと思われる。しかし、生蕎麦は伸びないがよく切れる。伸びるそばはつな …

続きを読む »

4月
22

観光タクシードライバーの小噺 蕎麦(そば)3

◆もり・かけそば・しっぽく そば切りは初め汁をつけて食べる一種類だけだったが、元禄頃に男などは面倒臭がって汁をかけて食べる風があった。これを「ぶっかけそば」として売り出した店があり、その後、寒い時期にそばを温め熱い汁をか …

続きを読む »

4月
21

観光タクシードライバーの小噺 蕎麦(そば)2

◆そば切り ソバ粉はだいたい水を加えてこねるだけでは線状になりにくく、さらに湯に入れてゆでると切れ切れになってしまうことが多い。そのために数々の打ち方が工夫されてきた。今のようなめん状の「そば」、いわゆる「そば切り」がで …

続きを読む »

古い記事へ «