«

»

1月
13

ネズミの狛犬・大豊神社の冬の花2009年1月13日

【ネズミの狛犬・大豊神社の冬の花2009年1月13日】

京都観光タクシーのご案内/京都観光タクシー同友会
大豊神社は、社伝によれば、はじめ背後の椿ヶ峰中にあって、椿ヶ峰山天神といいましたが、後一条天皇の寛仁年間(1017~21)、山麓の現在地に移したと伝えます。古くは大宝明神とも称し、旧円城寺の鎮守神として、公家の崇敬あつく、社域も広大でありましたが、建武・応仁の兵火で社殿を焼失しました。祭神は、少彦名命・応神天皇・菅原道真。今は本殿および末社・拝殿・神饌所・社務所等があり、鹿ケ谷町の産土神として崇敬されています。椿ヶ峰の山中にあったところから、境内には多くの椿が植樹されています。下記の写真は白侘助・蝋梅・名前が知りませんが、椿の一種です。


【白侘助】


【蝋梅(ロウバイ)】


【椿の一種】

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>